輸出商材

輸出商品(直輸出、輸出代行)

弊社は、鹿児島県の代表的な産業商品(当時、農産物ではショウガ、孟宗竹があった)を東南アジアへ輸出したことが創業のきっかけとなり、時代の潮流に合わせて、                              ジャンルにとらわれない商品を世界各地のお客様へご提案してまいりました。

現在では、既存の海外取引先の信頼を得て、継続して輸出業務を行うと共に、ジェトロ(日本貿易振興機構)や商工会議所、ホームページを通じて数多くの案件を                                   頂いており、海外のお客様の要望に応じて様々な商品を輸出しております。

また、毎年行われている行政、銀行、民間レベルでの海外で行う国内品の商談会や展示会において鹿児島県のアドバイザーとして、国内メーカーの出展、輸出の支援を                             行っております。
 

主要品目    
食品 鹿児島県産品をメインに輸出しております。
米国へ毎月40ftコンテナ2本分の加工食品を輸出しております。
鹿児島県には黒毛和牛、ブリ(ハマチ)、茶、さつまいもなどの特産品があり、世界各地から引合いを頂いております。
 
水産飼料  

株式会社ヒガシマルの海外輸出窓口としてエビ養殖用配合飼料をアジア各地へ輸出しております。

 
木材原木 約50〜60年前に人口植林され、それらが伐採期を迎えております。
スギ、ヒノキなどを中国・台湾をはじめ、アジア各地へ輸出しております。
 
その他

中古エンジン、車両(トラック、建設重機、バイク)等をアフリカ、中近東へ、園芸用土(軽石)、リサイクル用原料をアジア各地へ輸出しております。